お客様より多くいただくご質問についてお答えしております。
下記以外のご質問は、お気軽にお問合せください。

Q.はりは痛くありませんか?

当院の施術は「体内にはりを入れない、刺さない方法」です。「はり治療に抵抗がある」方にも、安心して受けていただくことができます。

Q.刺さないはりでも、効果はあるのですか?

当院では、皮膚の上から刺激を加えて反応を得る「経絡(けいらく)治療」を取り入れています。皮膚上の刺激で、自律神経の乱れを落ち着かせ、身体の治癒力を高めます。したがって、はりを刺さなくても、反応を得ることができます。
スポーツによる故障やケガ、強い刺激をお好みの方、また美容はりをご希望の方は、ご要望にお応えできません。
ご了承ください。

Q.はりの効果がよくわかりません。目安はなんですか?

はりをうけられた方は、施術直後よりも、翌日に「なんとなく体が楽になった」「いつもより過ごしやすい」とおっしゃることが多いです。当院の施術は、東洋医学の「気・血・水」のバランスを整えるものです。季節や、環境によって身体が変わっていきます。
時間が経ってから、体の変化に気づかれる方も多いです。直後の効果に不安な点などありましたら、その都度ご説明いたします。
お気軽におっしゃってください。

Q.お灸にヤケドの心配はありませんか?

当院では「温かく、心地の良い温めるお灸」を行っており、ヤケドの心配はありません。

Q.施術直後は何も感じなかったのですが、家に帰ってから体がだるく、眠くなりました。副作用ですか?

副作用ではありません。当院では、自律神経の乱れ、体のバランスを整えることを目的とした施術をしています。そのため施術後、時間が経ってから、身体に反応が出ることがあります。施術後は血行がよくなり、内臓の働きが活発化して、眠くなる、身体がだるくなるなどの反応がみられますが、いずれも一時的なものであり、時間が経てば落ち着きますので、ご安心ください。

Q.施術の回数はどのくらいですか?

人によって異なります。当院では初回の施術が終了後、今後の回数や、期間を提案させていただきますが、「必ず続けて通ってください」と強制することはありません。あくまでもご提案として受け止めてください。症状が軽減していけば、間隔をあけていきながら、個人のご都合を考えて、来院していただければと思います。月に一度のメンテナンスや、健康管理として、季節の変わり目に来院される方が多いです。

Q.ずっと通い続ける必要はありますか?

お客様が、体調よく過ごせるようになれば、通い続ける必要はありません。また、その後も、ご自身の体調に不安がおありの際は、いつでもご相談に応じます。なんとなく不調だな、というときでも、お気軽にご利用ください。

Q.妊娠中で腰が痛いのですが、はりを受けることはできますか?

はい、大丈夫です。当院では妊娠36週目まで来院され、はりをうけた方もいらっしゃいます。施術の際は楽にすごせるよう、ひざ下にクッションやタオルをあてがうなどして、カバーさせていただきます。皮膚下にはりを刺さない低刺激の方法を取り入れていますが、使用しているはりやシャーレなどはすべて使い捨て(ディスポーザブル)のものを使用しています。感染の心配などはございません。安心して施術をお受けください。

Q.乳幼児でもはりを受けられますか?

小さなお子様には、専用の道具をもちいた「小児はり」を行っています。お子様の症状に合わせて施術します。お気軽に、ご相談いただければと思います。

Q.子連れでの施術は可能ですか?

お子様連れの治療も、可能な限りご希望にお答えいたしますので、まずはご相談ください。月齢や年齢によって、施術室におもちゃやマットレスなどを持ち込み、対応させていただきます。施術中にお子様が泣いた場合は、いったん中断し、落ち着くまで待ってから、再開できるようなら行います。施術時間が延長することも考えられますので、ご予約の際は必ず「子どもを連れての治療を希望」とお知らせください。

Q.施術の際の服装で気を付けることはありますか?

当院で施術着をご用意しております。「着替えが面倒」「着ている服装のまま治療を受けたい」と希望される方は
・肘から下 
・膝から下 
・首周りや背中が出せる格好
での服装をお願いしています。


なるべく
・肌にぴったりしたスキニーなどのズボン
・首周りが詰まったタートルネック
・ワンピース
などは避けていただきますよう、ご協力をお願いします。

Q.同じ時間帯で2名で治療を受けたいのですが、できますか?

申し訳ございません。当院では、ベッド1台での施術を行っております。同時に2名のご利用はいたしかねますので、ご了承ください。

Q.男性ですがはりを受けられますか?

申し訳ございません。男性の施術は、紹介のみとさせていただきます。悪しからずご了承ください。